WEBRADAR

Rubyのダブルクォーテーションとシングルクォーテーションでパフォーマンス比較

Rubyでもダブルクォーテーションを使うとPHPとかperlとかと同じように、変数の展開ができたりします。
s = "string : #{param}"みたいなやつ、あとは\nを改行に変換できるといった違い。

余計なことをしていない分、シングルクォーテーションのほうがなんだか早そうです。

■ダブルクォーテーションとシングルクォーテーションでBenchmark

require 'benchmark'
n = 10000000
Benchmark.bm(10) do |x|
x.report(:single) { n.times{ s = 'abcdef' } }
x.report(:double) { n.times{ s = "abcdef" } }
end

■結果

user system total real
single 2.590000 0.010000 2.600000 ( 2.597434)
double 2.610000 0.000000 2.610000 ( 2.625279)

気持ちシングルクォーテーションのほうが早かった。

気持ち。